税理士に相続の相談をするメリット

事前に相続財産の評価をしよう

相続税が発生するかきちんと調査しているでしょうか。相続税の改正が2015年に施行されたことで、一般の家庭でも相続税が発生する恐れがあります。相続財産が3000万円+法定相続人の数×600万円の基礎控除額を超過する場合には、相続の申告をし相続税を支払わなければなりません。税務署への相続の申告は、相続発生日より10ヶ月以内です。あっという間に10ヶ月は過ぎ去っていくため、事前にきちんと相続財産の評価をしておくことが重要です。

軽減策で相続税負担を抑えられる

一般家庭で最も資産価値が高いのが自宅でしょう。特に自宅の土地が相続財産の大半を占める家庭が多く、きちんと評価をしなければ相続税を支払いすぎる可能性があります。しかし、土地の評価は、個人で行うことは難しい面があります。専門的な知識が必要となるため、相続税の軽減策を税理士に相談することをおすすめします。税理士に相談することで、土地の評価を路線価ではなく財産評価基本通達に基づき計算してくれます。相続税を0円になる土地も多いため、税理士に相談するようにしましょう。

滞納税や加算税の支払いを防ごう

相続税が発生する場合にも、税理士に相談することが重要です。相続の申告を税理士に相談することで、相続発生より10ヶ月以内にスムーズに申告できます。10ヶ月を過ぎて申告してしまうと、滞納税や加算税が課税されてしまいます。余計な税金の支払いを防ぐために、申告の専門家である税理士の力を借りるようにしましょう。また、親族間の争いを防ぎたい方も、税理士への相談が有効です。税理士を遺言執行者に指定することで、遺言書通りの相続を行えます。

相続の申告を税理士に相談したいなら、評判を調べることが大事です。相続問題に詳しい税理士をピックアップして、これまでの実績を比較すべきです。