通信制高校のオープンキャンパスについて

目的な開催日などについて

オープンキャンパスとは、学校が入学を希望する人のために施設内を開放し、学校への関心を高めてもらうイベントとなっています。もともとは大学などで行われていましたが、近年では通信制高校でもオープンキャンパスが行われるようになりました。開催日としては夏休み期間や土日に開催されることが多くなっています。また呼び方としてはオープンキャンパスの他にも体験入学と言われることもあります。参加することで様々な利点があります。

学校の雰囲気を把握する

利点としてはまず、学校の雰囲気がわかることがあります。通信制高校の場合は自宅学習が中心となっていますが、定期的にスクーリングとして登校する機会があります。登校する機会は学校によって大きな違いがあります。オープンキャンパスに参加しておけば学校全体の雰囲気を把握することが可能です。また確認しとけばいいこととしては、自分に馴染める雰囲気かどうかということがあります。また登校する際の交通機関も確認しておく必要があります。

授業の雰囲気や設備についてを知る

他の利点としては普段の授業の様子がわかることです。オープンキャンパスでは、実際の授業が行われるため、しっかりと知ることができます。そして、自分の想像していた授業を比べ、どうだったかがわかります。また体験授業を受ける機会もある場合が多くなっています。さらに学校の設備を見学することも可能です。施設としては、調理室や体育館などがあります。そこで自分の学びたいことや、やろたいことをするのに十分かどうかを判断できます。

通信制高校は、毎日登校する必要がなく、学習のほとんどを家で行う事ができます。登校日は月に数回と決められている事がほとんどです。