クレジットカードというのは使い方がいくつもあります

買い物に使うことについて

大抵の場合、クレジットカードというのは買い物に使うことになります。買い物をする時にキャッシュレスで行うことができるわけです。最初に発行してもらう際に限度額を決めてもらうことになります。その範囲内であれば買い物がいくらでも出来ます。もちろん、店側が対応していることが条件ではありますが極めて便利なサービスであることは確かでしょう。ちなみに後払いになるわけですが何回で支払うのか、と言うことも決められます。

キャッシング機能もついている

多くのクレジットカードにはキャッシング機能もついています。要するにお金を直接的に借りることができるわけです。いざと言う時の資金にも使うことができますから、これも一つのメリットであるといえるでしょう。但し、これは総量規制の対象になりますからその点は注意したほうがよいです。また、お金を借りることのハードルが下がっていますがこれはあくまで借金ですから返済計画をしっかりと立てることが必須になります。金利も発生するのです。

あまり知られていないこと

飲食店などでクレジットカードを使うことがあるでしょうが、たまにあるのがカード払いの場合は別料金、というところです。特にランチをやっているところに多いのですが、実はこれは駄目です。大抵のクレジットカード会社がカード払いであることを理由に別料金にすることを禁止しています。カード払いは店にとっては顧客を呼びやすくできる反面、利益が目減りする側面もありますから少額ではやって欲しくないと考えているところがあるのです。これはその場でカード会社に問い合わせましょう。

買い物をする場所や商品によってクレジットカードを分けることをおすすめします。ガソリンスタンドならスタンドのものをデパートならデパートのカードをと場所によってカードを変えればお得に買い物などができます。