弁護士費用はバラバラ!?自分に合った弁護士を探そう

公的扶助を受けることも出来ます

自己破産手続きを行う際に、自分で全て行うことは不可能に近いほど専門的な知識と手間がかかります。日本では法テラスという公的扶助制度があるので、相談の上で弁護士を紹介してもらえば法テラスによる弁護士費用の建て替えを行ってもらうことが可能です。分割払いを新たに行うことは信用取引となるので通常は認められませんが、法テラスは公的扶助による制度のために弁護士費用について認められています。公的扶助を利用すれば、破産状態にあっても弁護士を依頼することが出来るのです。

弁護士には相性が必ずあります

法テラスから紹介された弁護士は、選ぶことが出来ません。紹介されても実際に依頼するかどうかは、最初の面談形式による法律相談を行ってから決めることが出来ます。自己破産の専門家として紹介されるとは限らないので、普段は別の刑事事件を扱っている弁護士が紹介されることもあるでしょう。面談を行った上で、相性が合わないと感じられたら別の弁護士を探すと良いです。なぜなら、自己破産手続きは人生を左右する重大な手続きとなるので、互いに信頼出来る関係でなければ手続きが上手く行かないこともあるのです。

過払い金を弁護士費用に充てれば楽です

弁護士に依頼するとまず債務調査が行われます。多くの弁護士事務所では弁護士費用は分割払いに応じてくれる所が増えていますが、自己破産の申立は分割払いが完了してからとなるので、早く支払い終えれば手続きが進みやすくなるでしょう。債務調査中に過払い金が見つかった場合、過払い金返還請求訴訟を提起することが出来ます。すぐに着手してもらえれば、過払い金を弁護士費用の一部として充当出来ます。多額の過払い金が見つかれば、そっくり弁護士費用に充ててもお釣りが来るかもしれません。

自己破産と聞くとどうしてもあんまりいいイメージをもてないですが、自分をやり直せるチャンスだと思えます。